深夜子猫がやってきてパソコンと本をどうかされないか心配だった

昨夜寝る時はここ最近のいつも通りにパソコンで暗号通貨のマイニングをさせたまま寝ます。
その時マイニングしていたものはXPという元々はゲームの経験値に使うために生み出されたものです。
歯磨きしてからベッドで寝て、ふと気付くとガサゴソ音がします。
子猫が来ているようでしたが私のところには来ず、パソコンが置いてある机や本を置いてある棚の方で音がしており、私は眠いし寒いしで起きれなかったのですが、マイニング中のパソコンを変にいじられたり売り物である本が傷つけられないか心配でした。
そして朝起きてみると特に変わったことはなかったのですが、棚に置いてあった捨てようと思っていたプラスチックの筒のようなものが床に落ちています。
そんな音は聞こえていなかったのでそれが子猫がしたものかどうかは分からないのですが、それぐらいしか変化は感じ取れず、とりあえずパソコンと本が無事でほっとしました。
子猫は数日前は私の布団に入って私が脇に抱えるようにして寝て可愛かったのでまたそうして欲しいものです。

今は亡き母が、お正月用の花器を買ってくれていますが、私が元気なうちに娘にあげようかと思っています。

両親の家にある遺品の整理は、とても処分しないといけないと思い気になります。
出来る時間帯に又私の体調のよい時に、少しずつ行っています。両親がもつ全部の物を捨てる事はできなくて、思案をするところでもあります。

この整理をする時に品物を見ては、両親との思い出があることでさみしくもあり、また懐かしさも感じるのです。
それと共に何故、人生最後の時期の両親に対して、もっと私は体を張って面倒をみてあげる事ができなかったと反省もします。

最近は両親の遺品だけではなく、私が居なくなった際に遺品となる様なものにも判断をしている所もあるのです。

以前母が元気な際に、結婚して我が家をもった際には、大きな花器を買ってくれました。
私がおねだりしたわけなのですが、玄関の下駄箱の上に置いてお正月にお花を飾っていました。
松・竹・梅を入れて、お友達の旦那様が飾り付けにきてくれていました。

でも今はご事情もあり、その方とは疎遠となっているのです。
ですからその花器は、使わないままとなっています。

今一人暮らしとなっている私には、お正月にはその様な大きな花はいけなくなっています。
娘が大きめの家を建てたので、お正月だけでも玄関先に生けたらいいといってあげようかと思っています。